チラシ印刷をしたいと思ったら二通りの方法があります。一つは自前で作成する方法です。もう一つは専門業者に頼む方法になります。ある程度部数が多いようであれば、業者に頼んだほうが安く印刷することができます。チラシ印刷を業者に頼むのは難しくありません。インターネット通販を展開している業者が多く、どこも簡単にチラシ印刷を依頼できるようになっています。全くの素人でも大丈夫です。プロが校正をしてくれるなど間違いのないチラシ印刷をすることができます。原稿データさえあれば印刷してもらえますし、インターネット上ですべて依頼が完了してしまうという非常に便利なサービスが展開されています。どんな人でも気軽に本格的なチラシが安く手に入る時代になりました。何も難しい知識はいりませんが、その流れをみてだいたいどんなサービスなのか掴んでください。

依頼するうえで一番大切な入稿作業

チラシ印刷をするときにはデータ入稿をしますが、この入稿データの精度を上げられるかどうかが早く印刷できるかどうかのポイントになってきます。データに不備があれば修正する必要が出てくるので、なるべく校正は綿密にするようにします。印刷会社のなかには、無料の校正ツールを提供しているところもあるので、活用するようにしましょう。入稿する方法は3つです。インターネットのWEB上で入稿する方法、郵送でする方法、直接印刷会社に持ち込む方法です。この中で一番早いのはWEB入稿だたといえます。ネット環境があれば原稿ができ次第すぐに送ることができるからです。対応アプリケーションは印刷会社によって違う場合があるので注意してください。また、容量があまりに大きいとWEBでの入稿が難しいこともあります。

印刷からチラシが届くまでにできること

原稿に問題がなかったら印刷に入ります。注文したときに印刷物の種類やサイズ、部数や納期、用紙の質を選んでいますので、それに沿った印刷がされます。印刷会社によっては進捗状況が確認できるサービスも提供しています。印刷の完了、チラシの発送など今どのくらい進んでいるのかわかるので便利です。もしまだ印刷されていなかったら変更が可能な場合があります。やっぱり用紙を変えたい、両面印刷にしたいなどの要望が聞いてもらえます。チラシが届いたら必ず正しく印刷できているかどうか、箱を開けてすぐに確認します。注文通りの部数があるかどうかもだいたいチェックしておきましょう。代引きでの支払いの場合、受け取るさいに料金を宅配会社に支払います。また、後払いを選択している場合もチラシが届いたらすぐに振りこむようにします。