現在、チラシ印刷はインターネットで簡単に注文できるようになっています。最短は「即日」です。受付締切時間、つまり入稿時間が決められているものではありますが、少量部数を大至急と言う場合、ものの数時間でチラシ印刷が可能になっています。大至急のチラシ印刷は発行部数と使用するカラーインクの種類によって料金が変わってきます。もちろん入稿してから印刷仕上がり、納品まで時間的余裕がある場合は、割引料金で作成が可能です。テレビCMでも見かけるインターネットで注文できる印刷会社が業績を伸ばしています。業者間での競争も激しくなっており、より安く、速くなど業者選択の目安になっているのがチラシ印刷です。ビジネスで主流になっているA4サイズのチラシ、モノクロか、カラーか、片面か両面かなどで簡易な見積をインターネット上でできるようになっています。もちろん納期についても案内されているので参考にしてみるといいでしょう。

チラシ印刷を安くするには原稿はシンプルに

チラシ印刷をとにかく安くしたい場合は、印刷用の原稿をとにかくシンプルに、印刷に使用するインクの色を1色にすることです。また自分で原稿を作成し、PDFデータで入稿できる印刷会社であれば、わざわざ印刷会社に出向くことなく交通費や郵送費なども節約することができます。そして原稿をシンプルに刷ることでデータのサイズも小さくすることができます。文字数が多い、画像が多い原稿の場合、1色印刷であってもデータが大きくなってしまい、データ入稿ができなくなってしまうことがあります。特に、画像はデータを圧縮しても効果がない場合があるので注意が必要です。シンプルな原稿でインク色を1色、また用紙の片面のみの場合は即日印刷、あるいは翌日納品などでも部数によっては料金を安くすることができます。

チラシ印刷には様々なオプションが用意されている

最近のチラシ印刷には様々なオプションを付けることができるようになっています。オプションを付加すれば当然料金が発生しますが、それでも自社で手配するよりは手間も時間もかからないように工夫されています。チラシ印刷のオプションとしては、配布方法の選択です。配布するエリアを選ぶ、配布する方法を選ぶことができるようになっています。具体的には新聞の折込広告として注文があったエリアに日にちを指定してチラシを折込広告として配布することができるようになっています。配布オプションを追加して印刷会社に注文をした場合、チラシ印刷の見本として数部が手元に送られてくるだけで、印刷したチラシは全て配布されることになります。折込広告としてチラシ印刷を発注する場合は即日印刷は不可能で、日程調整など発注側にはかなり前からの事前準備を、注文を受ける側である印刷会社も入稿締切時間が前倒しになっています。